まずはこちらの記事をチェック👉👉

[大学生注目!!]単位を落としたらやばいの?前期で10単位落とした現役大学生が語る体験談と落とさないための対策



夢にみた憧れのキャンパスライフ!!

サークル・恋愛・バイト

大学生ならではの、イベントが目白押しです。

さて、『単位』のほうはいかがでしょうか??

学生A

大学生活にうかれすぎて、勉強に手をつけていない。

学生B

イトに夢中で講義サボりすぎた。テスト積んだわ・・・

学生C

単位落としすぎて、卒業できるか不安。。

本記事を見に来てくださった学生のみなさんは、以上のような悩みをお持ちの方が多いかと思います。

本記事は、そんな単位に悩んでいる”大学生の方向けの記事となっています。

本記事がオススメな人
  • かなりの単位数を落としてしまった
  • 大学を”卒業”できるか心配な人
  • 次期に向けての対策を知りたい
  • 単位を落とした後どうすればいいか?

私も学年が上がるにつれ、かなりの数の単位を落としてきた経験があります。

そんな私の体験談も交えて、解説していこうと思います。

▼本記事の構成▼

  1. ”単位”を落とすとどうなるのか?
  2. ”単位”を落とす人の共通点
  3. ”単位”を落とさない対策
  4. 個人的体験談
  5. まとめ

本記事の信憑性

現役大学生(2021年時:4年生)
・2年時、14単位落とした経験あり
周りの学生の体験談も含む

Ryo

『単位がやばい!!』という学生は、ぜひ最後までご覧ください。

就活オススメ情報

OfferBox

就活生の3人に1人が利用している!

大手・外資・ベンチャーまで。登録企業数は、9,183社突破!!

▼こんな学生にオススメ▼

  • 「自分の魅力を企業に伝えたい!」
  • 「業界研究をしたい!」
  • 「自分の可能性を見つけて欲しい!」

登録はこちらから

そもそも単位を落とすとどうなるのか?

まずは、『単位を落とすとどうなるのか?』

について解説していきます。

単位を落とすと起こることは、以下の3つです。

・留年

・就職活動に影響する

・遊ぶ時間がなくなる

留年

1つめは、留年です。

基本、大学4年間で必要な単位数は124単位です。

卒業までにその単位数を満たせていないと、もう一年大学生活を送るはめになってしまします。

金銭面・友人関係の面からしてもメリットが多いとは言えません。

就職活動に影響する

2つめは、就職活動に影響するです。

1,2年生の時期から単位を落としまくってしまうと、3,4年生の時期に取らなければいけない講義が増えてしまいます。

大学3年生からは、就職活動が”本格化”してきます。

その時期に、1,2年生並みの講義を受けていると、就活で一気に出遅れてしまう可能性があります。

合わせて読みたい記事

就活に関する記事です。

日東駒専レベルの就活状況について解説。

遊ぶ時間がなくなる

1・2・3年とフル単位で進級すれば、時間にかなりの余裕が生まれます。

就職活動にも専念できます。

一方で、卒業までの単位がぎりぎりな学生は、4年生になっても講義に参加しなくてはいけません。

取るべき単位数が少ないのであれば、それほどの負担にはなりません。

しかし、4年時に

「あと14単位以上取らなければ!!」

となってしまうと、就活・遊ぶ時間も講義に奪われてしまいます。

単位を落とす人の共通点

では、実際に単位を落とす人にはどんな共通点があるのかを解説していきます。

これは、私や私の身の回りで単位を落としている学生を参考にした情報となっています。

単位を落とす人の共通点

・そもそも勉強をしていない

・先輩の情報や友達任せ

・日頃の講義に出席していない

・1日の講義数が多い

Ryo

いかがでしょうか?

あなたは、いくつ当てはまっていましたか??

ここまで、”単位”についての理解を深めることができたと思います。

次からは、

『単位を落とさないための対策

を解説していきます。

単位を落とさないための対策

さっそく、単位を落とさないための対策について解説していきます。

私の失敗談や周りの人の体験をもとにして、対策を考えました。

単位を落とさないための対策は、4つです。

対策
  1. 1,2年時にフル単位数の履修登録をしておく
  2. 先輩・友人から『楽単』を聞く
  3. テスト前の勉強時間を確保する
  4. ゼミナールに所属する
Ryo

それぞれ、具体的に解説していきます。

 1,2年時にフル単位数の履修登録をしておく

1つめは、1,2年時にフル単位数の履修登録をしておくです。

各学年ごとに履修できる単位数には、上限があります。

私は、

1年生:42単位

2年生:44単位

と上限まで履修をしていました。

私は、1年生のときはフル単で進級することができました。

Ryo

フル単をとったことで、かなり調子に乗ってしまいました・・・

その結果、2年生で14単位落としてしまいましたが、なんとかなりました。(笑)

1年時の試験は他の学年に比べ、比較的簡単です。

この時期に、フルで単位をとっておくと、2年以降で単位を落としても”安心感があります。

② 先輩・友人から『楽単』を聞く

2つめは、先輩・友人から『楽単』を聞くです。

単位をとっていくうえで、周りからの情報は役にたちます。

とくに、先輩などの知り合いがいれば、講義の過去問などの情報を知れる場合もあります。

なかには、試験よりも出席を重視する講義(楽単)を知れるかもしれません。

履修登録時は、1人ではなく、周りの友人と決めるのがいいと思います。

※周りに頼りすぎて、勉強しないのは単位を落とす原因になるので注意!

③ テスト前の勉強時間を確保する

3つめは、勉強時間を確保するです。

当たり前ですが、

大学の試験は徹夜の勉強で合格するほど甘くはありません。

そのため、テスト前の数週間をテスト勉強に当てる時間を確保する必要があります。

しかし、単位を落とす多くの学生は、

この期間に”バイト”を入れたりする人がほとんどです。

もし単位を落としたくないのであれば、テスト勉強の期間を必ず確保するようにしましょう。

④ ゼミナールに所属する

4つめは、ゼミナールに所属するです。

ゼミナールは、前期2単位・後期2単位・進級論文2単位の合わせて、6単位が含まれます。

こうすることで、2単位の講義を3つも取る必要がなくなります。

もちろんゼミナールもしっかり勉強しないと単位がもらえないので、そこは注意しましょう。

Ryo

以上の対策は、当たり前のことかもしれません。

しかし、単位を落とす学生は、このようなことができていない人がほとんどです。

合わせて読みたい記事

『レポート・レジュメの書き方』の記事。

文章を書くのが”苦手”な学生は、チェック!

個人的体験談

ここからは、私個人の『単位』に関する体験談をご紹介します。

下の写真は、大学1年〜4年(現時点)までの私の単位獲得履歴です。

いかがでしょうか?

これが、私の4年生までの単位履歴です。

1年生は、フル単と好スタートを切ったのですが、続く2年生は最悪の結果となってしまいました。。

このようになってしまった原因を考えると、次のことが挙げられます。

原因

・気が緩み勉強していなかった。

・遊んでしまった

・バイトに一生懸命だった

この3つが12単位も落とした原因だと、当時を振り返るとそう思いました。

ですので、本記事を見てっ下さったかたは、私のような失敗をしないでいただきたいです。

この記事を反面教師と捉えて、今後の大学生活の参考にして下さい!

合わせて読みたい記事

『”大学4年生”の後期も講義がある大学生』の記事です。

「留年したくない!」と思う学生は、必読!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

『単位』の重要性について、理解していただけたでしょうか?

大学生になると勉強よりも遊び・バイトを優先してしまいがちです。

しかし、勉強をおろそかにしてはいけません。

単位ぎりぎりで進級していくと後々の就職活動に影響を及ぼします。

4年生になって、周りが大学に来ないなか自分だけ行くはめになるのも、辛いです・・・

今回は、私の体験談とそこから学んだ対策をお伝えさせていただきました。

ぜひ、今後の大学生活の参考にして見て下さい。

最後までご覧下さりありがとうございました。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ryo
専修大学 経済学部在学中(4年) リアルな就活状況・大学生活・日東駒専の現状について、書いていきます。 大学生活を送る上でのアドバイスを私自身の体験を元に書いてます。 中堅大学生が本音でお届けします。 資格等:TOEIC 755/ iOS アプリ開発経験あり/ 営業長期インターン参加(4ヶ月) 趣味:アニメ・漫画鑑賞/読書/ ピアノ