まずはこちらの記事をチェック👉👉

【大学生向け】”レポート””レジュメ”の書き方についてをまとめてみた!2つの違い説明できますか?



(この記事は、2021年9月14日に更新しています)

みなさんこんにちは!Ryo(@ryo_active)です。

今回の記事は、『レポート・レジュメの書き方』に関する記事です。

学生のみなさんは、以下のような悩みを持っていませんか?

大学生A

レポートって何を書けばいいのかわからない。

学生B

オンラインになってから、レポートの課題が増えた。

成績にも影響するから、しっかり書けるようにしたい!!

学生C

”1000字以上”も書けません・・・

本記事は、上記のような大学生の方に向けて書いております。

本記事がオススメな人
  • レポート・レジュメの書き方がわからない
  • 文章を書くのに苦手意識がある
  • いつも単調な文章になってしまう
  • レポートの講義の”単位”を落したくない

結論から言ってしまうと、

「文章を書くのが苦手」「長い文章を書けれない人」は、

書き方の『型』を知らない

という特徴があります。

『型』とは、文章を書く上でのルールみたいなものだと認識してくれれば、大丈夫です。

スポーツも”ルール”という土台がある上で、行われています。

”ルール”を無視しては、試合にもなりません。

文章を書くときも同じで、『型』(ルール)を意識して書くことが大切です。

下記では、レポート・レジュメの『型』について詳しく解説していきます!

▼本記事の構成▼

  1. ”レポート”と”レジュメ”の違い
  2. ブログの書き方
  3. レジュメの書き方
  4. 書くのが苦手な人のための”参考書
  5. まとめ
Ryo

レポート・レジュメの『型』をマスターして、

文章に対する苦手意識を克服していきましょう!

”レポート”と”レジュメ”の違いとは?

レポート

”問い”を立て、それに対する答えを書く

『問い』とは、問題・課題のことを指す。

それに対して、

「なぜそのような問題が起こるのか?」

「問題が起こった背景は何か?」

を資料・データをもとに考える。

レジュメ

本や文献の内容をまとめる

レジュメは、ゼミナールや研究でよく書きます。

レポートと同じ意味に解釈しないように気をつけよう!

Ryo

次は、それぞれの文章を書く時の、『型』について說明していきます。

文章の”型”を知るだけで、書くことに対する苦手意識が小さくなりますよ!

レポートの書き方 

レポートの”型”は以下の3つです。

レポート”型”
  • 序論
    レポートの目的。テーマを選んだ理由。
  • 本論
    調べた内容をまとめる。考察を書く。データ、資料。
  • 結論
    全体のまとめ。
Ryo

それぞれ說明していきます!

序論  

はじめの序論では、レポートの目的・テーマを選んだ理由を書きます。

  • 主題(テーマ):何に対しての考察か
  • 目的・理由:このテーマにした理由や目的は?
  • 課題点:このテーマの課題、問題点は何か?
Ryo

序論部分では、レポートの目的・理由を明確にしましょう!

本論

本論は、序論で述べた主題に対する”答え”を書いていきます。

  • 考察:主題に対して、どんな考察をしたか?
  • 資料、データ:考察を後押しするものはあるか?
  • 自分の意見:考察から考えたこと。(客観的事実)

※感想・コメントなどは、NG

Ryo

本論で、主題に対する考察をしていきます。

考察を裏付ける意見やデータを用意しておきましょう!

結論

結論は、全体のまとめの部分です。

  • まとめ:最終的にどんな考察になったか
  • 参考資料記載:文献、資料の記載は、必ずしましょう
  • 発見:レポートを通しての学びや気づき
Ryo

結論で、全体をまとめます。

引用資料の記載は、忘れずにしてください!

【おまけ】 推敲

レポートを書き終えたあとは、必ず”推敲”を行いましょう!

チェックする点は、以下の3つです。

  • 誤字脱字がないか
  • 一貫性のある文章になっているか
  • 論理が破綻していないか
Ryo

めんどくさい作業かもしれませんが、ミスをなくすために、

”推敲”は必ず行いましょう!

レポートの注意点

ここでは、レポートを書くうえでの”注意点”を說明します。

注意点
  • 事実と意見を分ける
  • 感想になっていないか

事実と意見を分ける

レポートを書く時に、意見と事実を一緒にしてしまう学生が多々います。

意見と事実は、別物ですので、レポートを書く上では、十分に注意してください!

意見
ある物事についての考え。主観的

事実
実際に起った事柄。客観的

Ryo

”事実””意見”を混同してしまう学生が多いので、気をつけましょう。

感想になっていないか

レポートは、”問い”(テーマ)に対して、事実をもとにした答えをだす必要があります。

自身の主観的な感想を述べているのは、レポートではありません。

読書感想文と同じです。

Ryo

くれぐれも感想だけの文章にならないように注意しましょう!

レジュメ書き方

レジュメの”型”は、以下の3つです。

※下にレジュメの”見本画像”を用意してあります。

レジュメ”型”
  • タイトル
  • 本・文献をまとめる(要約)
  • コメント
Ryo

こちらも1つづつ解説していきます!

タイトル

レジュメのはじめには、本・文献のタイトルをつけましょう!

他に書いておくべきことは、以下のことです。

  • 発表者の氏名
  • 日付
  • 引用文献の記載

本・文献をまとめる(要約)

ここが、メインの部分です。

本・文献の内容を要約していきましょう!

と、その前に!

まずは、全体の大まかな内容をまとめておきます。

そうすることで、全体の流れを理解したうえで、本・文献の内容に入っていけます。

その次に各章ごとの要約です。

要約は、1章づつと区切り区切りで行うほうが発表の時に、聞いている人が理解しやすいです。

Ryo

全体のまとめ

各章ごとの要約

のイメージです。

コメント

最後は、本・文献を読んで、自分なりに考えたことを書いておきましょう。

ただ要約するだけなら、誰でもできます。

ですので、それを読んで

「自分は何を思ったのか?」

「気づいたこと」

なども付け加えておきましょう。

何事にも自分なりの考え(意見)を持つことは、大切です!

レポート見本

ここでは、実際のレポートを書く時のイメージとして、レポートの見本の画像を紹介します。

▼レポート見本▼

レポート見本
Ryo

※発表した本・文献の記載も忘れないようにしましょう!!

書くのが”苦手”な人のための参考書

最後に、『書くのが苦手な人のために向けた』オススメの参考書をご紹介します!

Ryo

文章が苦手な学生にもわかりやすく、丁寧な解説がされています。

書くのがしんどい

「長い文章が書けない!」

「途中から書くことがなくなる」

などの悩みを持っている方にオススメの一冊です。

文章を書くのに必要なことは、”文章を書く前”の肯定にあった!

Ryo

著者である竹村俊助さんは、“note”の方にも文章の書き方の說明をされています。

そちらもぜひ、ご覧ください。

”note”はこちら>>https://note.com/take/

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

「書くのを1から学びたい」

「初心者でもわかりやすい参考書がいい」

そんな方には、こちらの1冊をオススメします。

”書き方”について数多くの書籍で言われている大事なことを、1冊に濃縮してあります。

イラスト、画像つきで読みやす!

文章力を高めるためのバイブル本間違いなし!!

Ryo

要点をしっかり抑えているので、どこが大事なのかすぐにわかります!

論文の教室

「そろそろ卒論の時期だ。。」

「レポートの書き方を知りたい!」

このような、『卒論〜レポート』に関するお悩みはこちらの一冊。

本書では、「そもそも”論文”とは何か?」という基礎的なことから解説がされています。

”卒論”・”レポート”から避けては通れない、大学生のための一冊!

Ryo

「この記事だけじゃ満足できない!」

そんな方は、こちらの書籍をご一読ください。

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

まとめ

◆”レポート”と”レジュメ”の違い

レポート”問い”を立て、それに対する”答え”を書く。

レジュメ本や文献の内容を”まとめる”。

◆レポートの書き方

  • 序論
    レポートの目的。課題・問題の提示。
  • 本論
    序論に対する”考察”。
  • 結論
    全体のまとめ。

◆レポートの”注意点”

  • ”事実”と”意見”はわける。
  • 感想になっていないか。

◆レジュメ書き方

  • タイトル
  • 本・文献の要約
  • まとめ、コメント

◆オススメ”文章”書籍

いかがでしたでしょうか?

”レジュメ”・”レポート”の書き方について、知識は深まりましたか?

大学生には、避けては通れないものだと思っています。

また、社会人になったからでも、文章力は必要になります!

そのためにも、大学生のうちから文章を書くことに対する、苦手意識を克服していきましょう。

はじめは、大変かもしれませんが、徐々に慣れていきます。

適切なフォームでシュート練習するように、

適切な『型』で文章を書いていきましょう!

本記事があなたのお役に少しでも立てれば、幸いです。

最後までごらんくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ryo
専修大学 経済学部在学中(4年) リアルな就活状況・大学生活・日東駒専の現状について、書いていきます。 大学生活を送る上でのアドバイスを私自身の体験を元に書いてます。 中堅大学生が本音でお届けします。 資格等:TOEIC 755/ iOS アプリ開発経験あり/ 営業長期インターン参加(4ヶ月) 趣味:アニメ・漫画鑑賞/読書/ ピアノ