まずはこちらの記事をチェック👉👉

【マルチ勧誘の実話!】女性二人組に話しかけられて、オススメの居酒屋を尋ねられた話|大学生の僕に起こった実話



みなさんこんにちは!

Ryo(@ryo_active)です。

今回は、

『マルチの勧誘に会った時の体験談』

に関する記事です。

本記事がオススメな人
  • 女性二人組から声をかけられた
  • 女性とLINEを交換した
  • オススメのお店を尋ねられた

これは、私がバイト帰りに起こった本当の話です。もし、同じような経験のある方がいれば、参考にしてください。

本記事の構成
  • そもそもマルチ商法とは?
  • 実際に起こったシュチュエーション
  • 被害に合った時の対処法
Ryo

コロナの規制が開けて、この手の事件が多発しているというニュースを耳にします。みなさんも気をつけてください!

そもそもマルチ商法とは?

そもそも”マルチ商法”って何ですか?

Ryo

マルチ商法とは、投資・情報商材などを販売し、それを購入した人を組織に所属させ、連鎖的に増えていく商法です。

マルチ商法とは?

「マルチ商法」は、商品・サービスを契約して、次は自分がその組織の勧誘者となって紹介料報酬等を得る商法。人を紹介することで組織が拡大していくのが特徴である。

引用元:国民生活センター
マルチ商法 具体例
  • 株・投資
  • 暗号資産・仮想通貨
  • 学習教材
  • 化粧品・健康器具

下のグラフは、消費者庁のデータを元に「マルチ商法」に関する相談件数の数です。

Ryo

年平均で1万件以上の問い合わせが殺到しています!

女性二人組に声をかけられた時のシュチュエーション

ここでは、私が実際に女性二人組に声をかけられた時の状況をイラスト付きで解説していきます。

▼状況イメージ▼

ふうー、バイト疲れたー

女性二人組

あ、すいませ~ん。ちょっといいですか?

??

どうかしましたか?

女性二人組

実は、友達と駅で待ち合わせしてるんですけど、場所が分からなくて。

お兄さん、この場所ってどっちに行けばいいですか?

あーそれなら、〇〇すれば、着きますよ!

女性二人組

そうなんですね、ありがとうございます!

ちなみに、ここら辺オススメの居酒屋とか知ってますか?

知ってますよ!〇〇の居酒屋とかオススメですよ!

女性二人組

へー、そうなんですね!

あ、場所がいまいちわからないので、LINE交換して店のURLとか送ってもらえませんか?

いいですよ!(←いいカモ)

LINE交換(世間話)

女性二人組

ありがとうございます!行ってみますね!

いえいえ、楽しんできてください!

帰りの電車にて

LINE交換したのは、いいものの、何か怪しくないか?

(Google先生)

「🔍女性二人組 声かけられる」

▼検索結果

うお!詐欺やん!

LINE交換してしまった。。


 制作・著作
 ━━━━━
 ⓃⒽⓀ

このような状況でした。

その後、連絡などは一切こず、LINEもブロックしました。

被害に合わなかったからよかったとは言え、実際に同じ手口で被害に合われている方が多くいるのが現状です。このような勧誘は、緊急事態宣言が開けたことで、かなり増えてきているそうです。

情報源>>テレ東プラス+

Ryo

「自分は大丈夫!」と油断していると、足元を救われます。

次は、被害にあった場合にどのように対処すればよいのか説明していきます。

被害に合った時の対処方

被害に合った時の対処法は、2つあります。

(ここでは、実際に商品を購入してしまったという想定で話していきます。)

被害に合った時の対処法
  1. クーリングオフ制度を利用する
  2. 国民生活センターンに連絡する
Ryo

1つづつ解説していきます!

① クーリングオフ制度を利用する

クーリングオフとは、一定期間契約を無条件で解約できる制度のことです。

仮に、無理やり商品・教材を買わされてしまったら、クーリングオフを利用することで、支払った代金が戻ってきます。

マルチ商法の場合は、法定証明書を受け取った日から20日間の間であれば、利用することが可能です。

② 国民生活センターに連絡する

もし、自分ひとりで問題が解決できないのであれば、『国民生活センター』に助けを求めましょう。

国民生活センターでは、マルチなどのトラブルに対応してくれる環境が整っています。

国民生活HP>>国民生活センター 電話相談

消費者ホットライン>>188(電話番号)

最後に

いかがでしたでしょか?

街なかで勧誘を受ける状況について理解していただけたでしょうか?

「自分はマルチの勧誘なんか受けない。」と油断していると、思わぬ方向からの誘いに乗ってしまう場合があります。

ですので、街なか・駅チカで数名の人から声をかけられたら、「マルチの勧誘かも!」と疑ってかかるようにしましょう。

もし、自分で判断するのが難しいようでしたら、周りの人を頼りましょう。先にも説明しましたが、国民生活センターに電話するなどして、確認をとるのが安全な方法です。

緊急事態宣言があけて、外にでる回数が増えてくると思います。ぜひ、本記事を参考にして被害に合わないように心がけてください。

本記事が少しでもあなたのお役に立てれば、幸いです。

最後までご覧下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ryo
専修大学 経済学部在学中(4年) リアルな就活状況・大学生活・日東駒専の現状について、書いていきます。 大学生活を送る上でのアドバイスを私自身の体験を元に書いてます。 中堅大学生が本音でお届けします。 資格等:TOEIC 755/ iOS アプリ開発経験あり/ 営業長期インターン参加(4ヶ月) 趣味:アニメ・漫画鑑賞/読書/ ピアノ