まずはこちらの記事をチェック👉👉

【大学生一人暮らし】学生の”生活費”はどのくらい?一人暮らしをするなら知っておきたいお金の話



みなさんこんにちは!

Ryo(@ryo_active)です。

今回は、

大学生の一人暮らしでは、月にどのくらい出費しているのか?

について解説していきます。

本記事がおすすめな人
  • 一人暮らしを考えている
  • これから一人暮らしを始めている
  • 一人暮らしの出費を知りたい
Ryo

大学生の一人暮らしは、思ったより出費が大きいです。

今回の記事を参考に、今後に役立ててください。

本記事の構成

  1. 大学生一人暮らしの平均生活費
  2. ”Ryo”の平均生活費
  3. 無駄な出費を下げる工夫

『Amazon Prime student』

学生は月額¥250円動画・音楽・本が利用できる!

今なら、6か月無料体験が可能!!

6か月無料体験に申し込む

大学生一人暮らしの平均生活費

下の表は全国の大学生の生活費についてのデータです。

(※住んでる地域によって、多少の誤差が生じます。)

家賃¥63,400
(関東)
食費¥23,717
光熱費¥3,000
娯楽費¥13,075
合計¥1,03,192
大学生一人暮らし 1ヶ月平均

参照:日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査」

Ryo

関東は、立地の影響もあっどうしてて家賃は高くなってしまいますね。

Ryoの平均生活費

お次は、私の平均生活費を紹介していきます。

家賃¥40,000
食費¥27,000
光熱費¥2,500
娯楽費¥20,000
合計¥89,500
Ryo 平均生活費
Ryo

学生の多くは、飲み会・遊びなどの”娯楽費”に費やすお金が多い傾向にあります。

無駄な”出費”を下げる工夫

さて!

ここでは、無駄な”出費”をなるべく下げるための工夫をご紹介していきます。

無駄な”出費”を下げることができれば、他のことに使えるお金が増えます。

一人暮らしの大学生の方、必見です!!

Ryo

”出費”を下げるための工夫は、以下の三つです。順に解説していきます!!

無駄な”出費”を下げる工夫
  1. コンビニ生活を断ち切る
  2. 使っていないサブスクサービスの解約
  3. クレジットカードの使用を禁止する

コンビニ生活を断ち切る

生活費の多くを占めている一つに、“食費”があげられます。

実際、私も「お金がない!」と言いながら、コンビニで食事を買ってしまうことが多いです。ですが、よく考えてみると、スーパーで食事を買った方が食費はかなり安く済みます。

ですので、

「生活費をどうしても抑えたい!」

と考えるなら、まずは食費を見直してみてはいかがでしょうか??

使っていないサブスクサービスの解約

お次は、利用する回数が少ないサブスクサービスの解約です。

今では、いろんなサービスが月額制で楽しむことができるような時代になりました。月額制ですので、値段も手頃でいろんなサービスに手を出しがちですよね😅

この時に大切なのが、

『使っていないサブスクサービスを見直す』

ということです。

以外と普段利用せずに、月にお金を払い続けてしまっているサービスは多いです。

ですので、一度自分が何のサービスにお金を使っているのか見直す癖をつけましょう!!

学生B

でも、アニメ・漫画も楽しみたいよー!!

Ryo

このように思っている学生も多いはずです。

そんな大学生は、“Amazonプライム“に登録するのをオススメしています。

『6ヶ月の無料お試し期間』と学生は『月額250円』でアニメ・漫画を利用することができます。

詳しくは、下の記事をご覧ください。

クレジットカードの使用を禁止する

大学生になると、クレジットカードを作る学生が非常に多いです。

クレジットカードは、Amazonなどの通販で買い物する時に、ボタン一つで買い物ができてしまうので、非常に便利です。

しかし!

便利に利用できる反面、うっかり使い過ぎてしまう恐れがあります。

学生A

今月のクレジットカードの請求”10万以上”だわ。。

このような学生は、大学にたくさんいます。自己管理ができない人にとって扱うのは、難しいものかと思います。

ですので、もし今現在でクレジットで買い物をしている学生がいるなら、

”今月”だけでも利用するのを中止してみてはいかがでしょうか?

もしくは、「Amazonに登録しているクレジットカードのデータを消す」などの施策を打つことでクレジットの使用を制限できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一人暮らしの生活費に関して理解していただけましたか?

大学生の一人暮らしは、親元を離れている影響もあって、自由度はかなり高いです。

しかし、その反面、行動を規制してくれる存在(親)がいないため、お金の使い過ぎで苦しんでいる大学生も多くいます。

かく言う私も、1年生の頃、バイトで稼いだお金は「遊び・服の購入」に消えていってしまいました。生活していく上で、とても苦労してのを覚えています。

本記事を見ている学生の皆さんには、このように大学生活に影響を与えてしまうようなお金の使い方をしてほしくはありません。

ですので、本記事を通して、自分の使っている『生活費』を見直すきっかけになってくれれば、幸いです。

本記事があなたのお役に少しでも立てれば、幸いです。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ryo
専修大学 経済学部在学中(4年) リアルな就活状況・大学生活・日東駒専の現状について、書いていきます。 大学生活を送る上でのアドバイスを私自身の体験を元に書いてます。 中堅大学生が本音でお届けします。 資格等:TOEIC 755/ iOS アプリ開発経験あり/ 営業長期インターン参加(4ヶ月) 趣味:アニメ・漫画鑑賞/読書/ ピアノ