まずはこちらの記事をチェック👉👉

 現役専修大学生が語る就活状況! 日東駒専は終わりなのか?



みなさん初めまして!このサイトの管理人のryoです。

現在は、専修大学に在学しています。

当ブログでは、以下のことを発信しています。

ブログ 内容
  • 日東駒専の就職状況
  • 周りと差をつけるために取り組んだこと
  • 大学生活について
  • 単位・講義・バイトの情報

『日東駒専』に通っている学生のかたは、以下のような考えをしている人は、多いのではないでしょうか?

学生

「日東駒専」は学歴フィルターあるんじゃないの?

「日東駒専」だと、MARCH・早慶上智には、就活だと勝てないよ。

「確かに学歴フィルターは存在する!」と僕も思っています。

ですが、その情報だけを信じて

「自分は日東駒専だから就活はダメだな」

「高学歴の人には勝てないよな」

などと思わないでください!!

結論!!

日東駒専またはそれ以下の大学に所属していても人生終わりなんてことはありません。

Ryo

私の周りの友人・先輩の話を聞いていると、有名な企業から内定をもらっていたり、22卒でもすでに就活を終えている友人もたくさんいます。

▼専修大学 就職先▼

引用:専修大学ホームページより

つまり、

納得のいく就活をするのは、あなた自身が大学生活で何をやってきたのかにかかっているのです。

受験で失敗したぐらいで、あなたの人生は終わりません!

それよりも、そこで立ち止まってしまう方が危険なのです。

この記事ではそういった方に向け実際にどのような大学生活をおくっていけばいいのか、私の体験談も交え説明していきます。

今回この記事を最後まで読んでいただくことで、次のことを学べます。

本記事を読む メリット
  • 有意義な大学生活の過ごし方
  • 大学生活でやっておきたいこと
  • 身につけておくスキルが分かる

「今後の大学生活を有意義なものにしたい!」

「まだ3年生だけど、周りと差をつけたい!」


と思う方は、ぜひ最後までお読みください。

”就活”情報

就活のスタートダッシュで差をつけよう!

OfferBox

就活生の3人に1人が利用している!

大手・外資・ベンチャーまで

登録企業数は、9,183社突破!!

▼こんな学生にオススメ▼

  • 「自分の魅力を企業に伝えたい!」
  • 「業界研究をしたい!」
  • 「自分の可能性を見つけて欲しい!」

登録はこちらから

本記事の構成
  • 大学生の時期にやるべきこと(3選)
  • まとめ
Ryo

では!

本題に入っていきましょう!

後悔しないためにどんな大学生活を送ればいいか?

具体的アクション
  1. 長期インターンに参加する
  2. プログラミング・ITの勉強
  3. 読書週間を身につける
Ryo

実際に実行するだけでもあなたは、

周りの学生よりも頭ひとつ飛び抜けた存在になります。

① 長期インターンに参加する

大学生A

やはり、”長期インターン”には参加しておくべきなのでしょうか?

Ryo

はい!参加しておくべきです!

1番の理由としては、

社会人として働くときのイメージを掴むためです。

インターンは、時間のある1〜3年生の時期にしておくべきです。

緊張感のあるなかで、社会人のかたと仕事をする経験を積んでおくことで、

将来の目標・何をしたいかが明確になります。

多くの人は、自分が何をしたいのかが曖昧な人が多いです。

その理由は、圧倒的な経験不足にあると思っています。

社会にでたことがないからこそ、社会に対する理解が曖昧のまま、誤った認識で捉えている人が多いです。

▼やりたいことがない理由▼

実際に働いてギャップがあれば、その違いを早い段階で知れるので、他の学生たちよりも一歩リードしています。

Ryo

私が実際に長期インターンに参加して感じた”メリット”を紹介していきます!

長期インターン メリット
  • 就職した時のイメージができる
  • 給料がバイトよりも高い!

実際に働くことで、就職したときのイメージができる

私は、大学3年生の夏から4ヶ月間人材会社で営業のインターンを経験しました。

短期も悪いわけではないのですが、働くイメージがつきにくいです。

どうしても、会社の説明会や業務内容の紹介で終わってしまうので、実際に自身の経験に結びつくことはないのかなと思います。

営業のインターンを4ヶ月間やって思ったことは、

インターンする前と後で働くことに対する意識が変わったことです。

私が働いていた部署の業務内容は、他の企業様にネットでの人材募集の広告を販売することです。

そのために、私たちインターン生は他の企業様にアポイントの電話をしていました。

結論から言うと、

めちゃくちゃ大変でした。

コロナという状況下でもあったので、人材を募集している企業が少なかったです。ですので、電話をしても、取り次いでもらえなかったり、忙しと怒られたりなどしました。

ですが、こういう経験をしたことで、会社で働くイメージができました。

今までは、「働くのって大変そうだな」とどこか遠目から社会人を見ていました。

しかし、実際働いてみることで、働くことの辛さややりがいを肌で感じることができました。

長期インターンは、社員と同じぐらいの仕事量を任されます。

責任は重いですが、社会人経験を他の学生よりも多く積むことができます。

自分がこの職種に本当に向いているのかなど、実際に経験することでわかってきます。そうすることで、就職活動のときも自分は何をしたいのかはっきりします。職種に関して自分に合っているかどうかは、実際に働いてみないとわかりません。

働くイメージを早いうちから経験しておくことも、就活を効率よく進めるのに需要なことです。

給料がバイトよりも高い

営業のインターンは、時給1,200円でした。それに加えて、アポイントを獲得したとき、追加報酬がプラスされます。

特に、エンジニアのインターンは給料が高いので有名です。エンジニア不足と言われているなか、今後も需要は高まっていくと考えます。

大学生B

でも、”エンジニア”ってプログラミングができないとダメなんじゃないの?

Ryo

プログラミングができなくても、インターン生を採用している会社はありますよ!

▼”エンジニア”のインターンサイト▼

学生の時期からプログラミング・ITの知識を身に着けておきたい学生には、非常に経験を積めるインターンだと思います。

以上の理由から、バイトで働いたときよりもお金を稼ぐことができます。

もちろん、これは実力を必要とします。

始めのうちは、なかなか結果もでないと思います。

ですが、アポイントを獲得した時に収入が上がるなどの目標があれば、モチベーション維持などにもつながります。

先輩社員や上司の方もサポートをしてくれるので、非常にこころ強いです。
「不安」はあると思いますが、もしやってみようと思っているなら、恐れずに飛び込んでみてください!

合わせて読みたい記事

② プログラミング・ITの勉強

今では、新聞やニュースなどでエンジニアが不足しているという話題をよく耳にします。

それにより、多くの社会人の方がプログラミングを学び始めてきています。

ですが、大学生でプログラミングを学んでいる人は少ないように思えます。

大学生A

プログラミングって理系の学生しか関係ないんじゃないの?

このような意見もあるかと思います。

しかし!

私は、経済学部でバリバリの文系です。

そんな文系の私でも、プログラミングを使ってサービスをリリースさせました。

今後は、文理とわず、プログラミング・ITの知識は”基礎教養”として必要になってきます。

Ryo

次は、プログラミングを学ぶ”メリット”を紹介していきます!

プログラミング メリット
  • 周りの学生と差別化ができる
  • 就活で役に立つ

周りとの差別化ができる

大学生文系でプログラミングを学んでいる人の割合は、非常に低いです。

大学生のうちに何かしらのサービスをリリースした経験があるだけでも、今後プラスにはたらきます。 

就活はもちろんのこと、役立つサービスを作れば、そこから収入を得ることだったできます。

実際に学生時代サービスを作ってそれを企業などの売却している学生なども私の周りで数名います。

また、会社に就職して、『副業』を始めようとしたときも、プログラミング・ITのスキルがあれば、そのスキルで副業が可能です。

スキル面だけでなく、稼ぐ力も身につくので、今のうちから学んでおいて損はないと思います。

学生

人に誇れる「肩書」や「資格」がない。

上記のような学生は、大学時代にプログラミングの勉強をしてみることをオススメします。

ある程度のサービスが作れるようになれば、MARCH・早慶上智といった”高学歴”の学生たちとも戦えます。

就活時に役立つ

私が就職していて感じることですが、今後はますます学生にITリテラシーが求められていると感じます。

IT・プログラミングの知識は、もはや不可欠なのです。

これは、理系の学生問わず、文系の学生にも必要になってきます。

プログラミングの経験があるだけで、面接でも企業の方から興味をもってもらえます。

社会人になってからのほうが金銭的に余裕がある、と思う人もいるかと思います。

ですが、時間があるのは、大学生の今だけです。

プログラミングスクールもなかには、価格が安いところも存在しています。遊びに時間を費やすのもいいと思います。けれど、自身の経験やスキルアップにも費やしておくことは、今後のリターンを考えると、いい選択ではないでしょうか?

▼作ったアプリ▼

マッチン

合わせて読みたい記事

③ 読書習慣を身に着ける

「本は読んでおいたほうがいいよ」といろんな人が言います。

これは間違いありません。

私自身も本を読んだことによって、物事に対する考え方や価値観が変わりました

こうやってBlogを書くようになったのも、本の影響が強いのかもしれません。

ですが、大学生が本を読んでいる割合は非常に少ないです。

▼大学生 ”読書時間”調査▼

2019年の学生生活実態調査によると、大学生の1日の平均読書時間は30.0分で、1カ月の書籍費は1710円。読書時間は、「120分未満」が19.5%「120分以上」が7.2%

このように、読書をする人の割合は少ないです。

しかし、逆にこれはチャンスです!

読書をしない人が多いということは、その分あなたが読書をすることによって、その人たちよりもはるかに知識や教養を身につけることができます。

「読んでも行動に移さなければ意味がない。」と言われていますが、私はそうは思いません。読むだけでも十分価値があります。

なぜなら、世の中の法則や幅広い分野で活躍知ている人の思考や価値観にふれることができるからです。

私たちは、約18〜22年間しか生きていません。それだけでは、世の中に対する知識は非常に乏しいです。

読書をすることで、新しい「価値観」や「発見」、今まで考えつかなかった「考え方」を知ることができます。このため、本を読むだけでも十分なのです。

※もちろん、実際に行動に移した人が1番いいですが。

Ryo

全く読む週間がない人もまずは、「月に1冊読む!」という目標を立ててみてはいかがでしょうか。

始めから、4〜5冊読もうと意気込んでもなかなか続けるのは困難です。小さな目標からクリアしていきましょう。

学生

本読んでると、眠たくなるんだよねー

学生

ぼくには、無理だ・・・

上記のように思っている方のために、読むのが苦にならないアクションプランをお話いたします。

本を読むのが苦手な学生へ
  • 動画・ネットで本の要約を先に見る

動画やネットで本の要約を先に見ておく

本を読む前には必ずその本の概要をざっくりと理解した上で読みます。

こうすることで、難しい場面や読むのが辛くなっても、全体を理解しているので、止まることなく読み進められます。

本が読むのが嫌いな人は、文字を読むのが嫌いな人が多いと思います。

しかし、読書は、書かれた文字を全部読む必要はありません。

その本の重要な部分だけを読んで、あとは読まないという読書の仕方もありなのです。

読む前に、概要をざっくりと理解しておく必要があります。一度概要をしっておけば、本で同じ内容がでてきたときにより記憶に定着します。

私がよく使っているのは、『flier』『Youtube』に投稿されている本の紹介動画です。

▼flier

フライヤー / ビジネス書 本の要約アプリ

フライヤー / ビジネス書 本の要約アプリ

Flier Inc.無料posted withアプリーチ

オススメYoutuber

Ryo

「何の本を読めばいいかわからない!」

そんな学生は、下の記事を参考にしてください😌

合わせいて読みたい記事


最後に

以上が私の経験をもとに、大学時代に取り組むことで、周りと差をつけることができます。

大学生活は、社会にでるまえの準備期間です。

この期間の使い方が今後の人生を左右するといってもいいかと思います。

自分のなかで、納得した人生にするためにも、残りの大学生活を精一杯楽しんください。

本記事が少しでも、あなたのお役に立てれば、幸いです。

最後までご覧下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ryo
専修大学 経済学部在学中(4年) リアルな就活状況・大学生活・日東駒専の現状について、書いていきます。 大学生活を送る上でのアドバイスを私自身の体験を元に書いてます。 中堅大学生が本音でお届けします。 資格等:TOEIC 755/ iOS アプリ開発経験あり/ 営業長期インターン参加(4ヶ月) 趣味:アニメ・漫画鑑賞/読書/ ピアノ